HMV&BOOKS TOKYOに導入!対象者に合わせてコンテンツが切り替わる!インバウンド対応ビーコンデジタルサイネージ!


image1

デジタルサイネージの目の前に立つだけで『言語や属性に合わせた情報』を自動で配信!


株式会社エンプライズは、株式会社アミズ と共同開発し、スマホアプリ「HMV」(以下、HMVアプリ)と連動して、
スマホの言語情報やアプリの属性によってコンテンツが自動で切り替わるビーコンデジタルサイネージシステムを2015年11月19日(木)渋谷モディ内5F〜7Fにグランドオープンした「HMV&BOOKS TOKYO」に導入した。


Google社のEddyStone(エディーストーン)も活用


世界初、実店舗への導入となるEddyStone及びBeaconを活用したサービスです。
HMVアプリを立ち上げて、店舗内に設置されたデジタルサイネージの前に立つと、アプリ内にて設定された属性によって配信されるコンテンツが自動で変換されるというものです。


IMG_8500
年間2000万人にも及ぶ訪日外国人旅行者へのインバウンドサービスとして多言語にも対応しており、英
語や中国語、韓国語などスマートフォン本体の言語設定に合わせて、それぞれの言語に対応した情報の配信が可能となります。



アプリを持っていないユーザーにもURLを自動配信


IMG_8505
Eddystoneを活用する事で、HMVアプリを持っていないユーザーに対してもGoogleのアプリを介してURLの直接配信が可能となります。


※ご利用にはBluetooth及び位置情報サービスのオン/許可が必要です。機種や電波状況によっては正常に動作しない場合がございます。
記載されている商品名等は各社の商標または登録商標です。



参照記事:
PR TIMES -世界初!対象者に合わせてコンテンツが切り替わる。インバウンド対応型ビーコンデジタルサイネージを導入! 
株式会社エンプライズ 
株式会社アミズ 
HMV&BOOKS