ビーコンを使って姫路観光!JR姫路駅~姫路城間の店舗や神社など外国人観光客へ向けたサービス開始!


12031419_688818961260959_2346634452684232964_o
兵庫県姫路の観光情報を発信するスマートフォン向けアプリ「HIMEJI NAVI(ヒメジ・ナビ)」の配信が29日から開始された。

中心部の店舗などに設置したビーコンと連動してお得なクーポンが入手できる。
外国人観光客に街巡りを楽しんでもらうのが狙いだ。

b_08848924

出典:神戸新聞



公益社団法人姫路観光コンベンションビューローと兵庫県立大学 環境人間学部 エコ・ヒューマン地域連携センターが、県の「外国人観光客受入基盤整備事業」の補助を受けて開発。
英語と中国語、タイ語と日本語の4カ国語で姫路の歴史や文化などの情報を提供する。

アプリの特徴はビーコンを使った情報の受信だ。
JR姫路駅~姫路城間の店舗や神社など計22カ所に設置され、アプリ利用者限定のサービスを発信する。

ドリンクの割引や日本酒1杯サービスなどの特典が楽しめるほか、城周辺の史跡を説明する看板にもビーコンを取り付け、好きな言語でその由来などを知ることができる。

スクリーンショット 2016-03-01 11.47.20
ビーコンは今後、協力先を40カ所にまで拡大する予定。事業に関わる郷土史家の芳賀一也さんは「外国人観光客が何に関心を寄せるのかを調べ、姫路観光の次の一手に生かしたい」と話している。


参照記事:
神戸新聞NEXT -姫路の観光情報発信 スマホ向けアプリの配信開始
ヒメジナビ公式ページ
公益社団法人姫路観光コンベンションビューロー
兵庫県立大学 環境人間学部 エコ・ヒューマン地域連携センター
Coppe