ibeacon

そもそもiBeaconとは?

iBeaconとは、iPhoneのiOS7に標準搭載されたBluetooth Low Energy(BLE)を用いた位置情報検出システムです。

「Beaconモジュール」と呼ばれる発信器からスマートフォン端末(iPhoneやAndroidなど)に近距離無線通信を行い、特定の範囲にいるユーザーのスマートフォンにデジタルクーポンや商品情報などの信号を自動的に送受信することができます。
iPhone・Androidの両OSに対応しており、BLE端末を店舗などに設置することで、スマートフォンと通信しながら様々なマーケティングへの活用が可能となります。

O2O施策の切り札として、幅広い分野や様々なサービスへと今大変注目されている技術です。


GPS、Wifi、NFCとの違いは?

無線通信という意味でGPS、Wifi、NFCなどと混同されがちなBeacon技術ですが、なぜBeaconはこれらの技術よりO2Oマーケティングの分野での活用が期待されているのでしょうか?

まずWiFiは、電波の強度を調整することができず、多くの電波が干渉し合ってしまうためO2Oビジネスでの使用は難しいという結論が出ています。

またNFCは、端末にNFCチップが搭載されていないと機能しない上、ユーザーが能動的に機械にタッチをしない限り電波の交信ができないため、消費者の行動分析には適していません。

位置情報の主流として一般的に知られているGPSは、衛星を利用しているため広範囲での位置情報取得には適しているのに対し、店舗やイベント会場などの限られたスペース内での正確な位置情報は把握できません。またその特質上、デパートなどの多層建物内の何階にいるかという立体的な位置まではわかりません。

これに対してiBeaconは、Wifiよりも狭い範囲で、しかもNFCのように接触をしなくても受信できる電波を発信しています。またGPSの課題であった室内での細かい行動分析ができるため、特定の範囲にいるユーザーに対し、自動的に信号を送受信することを可能にしました。


※ iBeaconは、Apple Inc.の商標です。