スマホとビーコンでリアルタイム管理、分単位で賃借できる駐車場シェアリング開始!


figure-03
シードはコインパーキングと駐車場シェアリングの長所を兼ね備えた、新しい駐車場シェアリングサービス「Smart Parking」を3月から開始します。
当初のサービスエリアは名古屋市都心部ですが、徐々に全国に向けてエリアを拡大する予定です。
Smart Parking URL:http://smart-parking.jp/




Smart Parkingは国内初となる、スマートフォンとビーコンを用いたリアルタイムな駐車状況管理により、コインパーキングのように分単位で、1日何度も賃借ができる、新しい駐車場シェアリングサービスです。


≪Smart Parkingのメリット≫


ユーザーのメリット
・駐車場の空き状況が予め一目でわかり、駐車場までナビゲーションで誘導
・駐車した時間分の料金を支払えばよいため、他のサービスに比べて割安
・駐車中は課金される金額がスマートフォンでリアルタイムに分かる
・クレジットカード払いのため現金での料金精算が不要


オーナーのメリット
・空いている土地だけでなく、使用中の駐車場の遊休時間帯も有効活用できる
・設備投資、初期費用、運営費用が不要で開始しやすい
・利用料の50%が配分され、回転率が高くなるため、より収益を得やすくなる
・日々の利用状況や売上もWeb上で閲覧可能


≪Smart Parkingの他の駐車場シェアリングサービスにはない特長≫


・ビーコンにより駐車状況のリアルタイム管理を実現
・分単位で駐車スペースの賃借可能 (使用中の駐車場の遊休時間帯も有効活用できる)
・利用データを蓄積し、AIによって最適な料金設定(研究開発中)


Smart Parkingなら1日単位ではなく、コインパーキングのように分単位で管理することが可能だと吉川社長は説明する。

726f7b1d1ff839ff3db2e95caec2ab5c
その核となるのが前述の、三角コーンに搭載された「ビーコン」だ。

Smart Parkingのアプリをあらかじめダウンロードしてあるスマートフォンがビーコンからの電波をキャッチすることで、出入庫管理をしようというわけだ。
車を駐車したら、スマートフォンを三角コーンにかざす。これだけで「入庫」と判断することができるのだ。

ナビ機能や決済機能も
Smart Parkingには他にも便利な機能。
アプリで空いている駐車場を探し予約すると、その駐車場までアプリのナビ機能が案内してくれるというとても親切なサービスが付いている。

課金される金額もリアルタイムで知ることができる。そして、料金の支払いはクレジットカード情報をアプリに登録しておくと、出庫した時点で料金が計算され精算される。



参照記事:
プレスリリースゼロ – 国内初 スマホとビーコンでリアルタイム管理、分単位で賃借できる駐車場シェアリング開始
TOPBRAIN – 分単位で駐車場が貸せる借りられる 駐車場シェアリングサービスSmart Parkingがスタート
株式会社シード
Smart Parking